• Home
  • /
  • 卸で天然石を販売するための基礎知識

卸で天然石を販売するための基礎知識

天然石の人気は衰えることがなく、最近では実店舗ばかりではなく自宅に居ながら簡単に買い物ができるオンラインショップの人気も高まっています。ヒーリング効果や開運など運気を上げるパワーがあるといわれており、持っていると幸運を呼ぶお守りになることから、若い人や高齢者までの全ての年齢層に人気があります。パワーストーンが好きな方は、買い集めるだけではなくご自分でもショップを経営してみたいと願う方も多いのではないでしょうか。せっかく販売するなら、出来るだけ安く売れる卸価格にして多くの集客を獲得したいものです。天然石を販売するにはどの様なことを知っていなければならないのでしょうか。こちらでは、安い価格で良質の石を販売するための基礎知識についてご紹介いたします。

オンラインショップなら開業資金が安く済みます。

多くのオンラインの販売店などでは、天然石を卸価格で提供しているお店があります。こういったお店は、実際にある全国のお店などに商品を卸している業者なので、信頼がおけます。原石や鉱石などを原産地から直接仕入れているので、その輝きと品質は本物であるという事が証明されます。業者が現地で買い付ける場合は、その石が本物かどうかを見分けて価格交渉をする能力が必要とされるので、天然石を見る目はプロフェッショナルといえます。このような高品質の石を扱っているお店でも、他よりやすい価格で販売していることがあるのです。こういったお店では、現地から珍しい石が入荷したことや期間割引セールなどの最新情報をどこよりも早く入手することも可能なので、サイト上の新着情報などを常にチェックするようにしましょう。

ブレスレットを作るなどして売ってみましょう。

天然石のお店には、鉱石や原石、タンブルストーンやお守りなど色々な形の石が置かれています。この中でも特に人気のあるのが、大き目のビーズ玉を連ねて作ったブレスレットです。簡単に腕につけることができるので、購入層は性別や年齢を問いません。付ける人がそれぞれの好みやパワーストーン効果に合わせた石を選ぶので、扱える商品の幅が広くなります。ブレスレットを業者から仕入れることもできますが、出費を抑えるならご自分で手作りするという方法もあります。この場合は、ビーズ玉の石とオペロンゴムがあれば簡単に作れます。オリジナルと銘打って売ると価値も上がるかも知れません。少しアクセサリーを加えたり、デザインに凝るなどして他にはないブレスレットを販売してみるなど、個性的なアイデアでショップを経営してみてはいかがでしょうか。

Back to Top